スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

みうらじゅん『さよなら私』感想

「自分探しの旅に出る」とか「自分が何者なのかを知りたい」とか、中二病か何かかと言いたくなるくらいに「自分を見つける」という行動をとる人はそれなりに多いのかなとは思う。

 

しかし、この作品では「自分をなくす」ことに重点を置く内容となっていて、今までの啓発本的なものとは明らかに一線を画していると思った。これもこれで別のベクトルで中二病の要素が濃いと言ってもいいかもしれない。ある意味で、今までに世に出された啓発本に喧嘩を売っているとも言えそうだ。

 

読んでいて「そもそも自分をなくすとはどういうことか」と考えてみると、最もそれっぽく答えるなら「自分を縛りつけていたイメージを破壊する」ということになるだろうか。これは「自分が持っていたプライドが捨て去る」とも言えそうだし「周りが勝手に自分に押しつけてきたイメージを壊し、現実を見せつける」とも言えそうである。究極を言えば「死ぬ」ということもこの「自分をなくす」に当てはまる行動かもしれない。そう考えると「自分さがしにいろいろな方法があるのように、自分をなくすにもいろいろな方法があるのだなぁ」と思った。